こころを清らかにする

先日、カタカムナの研究に真っすぐに
研鑽を重ねていらっしゃる先生と久しぶりに
お言葉を交わす機会を得ました。

もう30年以上にわたり
カタカムナを研究、探求されていて

その功績は素晴らしいものです。

 

また、毎日、「ウタヒ」を奏上されていて
ご自身の為、地球の為に気持ちをあらたに
されていらっしゃいます。

 

ほんとうに、素敵です。

 

その先生に許には、
様々な情報がやってきますが、

 

元々先生が、きよらかなこころをお持ちなので
やはり集まる人も、そのような方が多いのです。

 

先生が、ものを拵えることについて
少しだけ言及されました。

 

新型コロナウィルスに対しての
噴霧溶液について話された時のことです。

 

例えの話になるのですが、
その溶液を創る人が

ひとりは、ビジネス、稼ぎに傾いている人

もうひとりは、ビジネス、稼ぎに傾いていない人

のどちらの溶液が、という比較論を
ほんの少しだけされた時に

こころが清らかで、純粋によいものを
<こしらえたい>という想いで
こしらえた方の溶液が役に立つだろう。

という話をチラッとされました。

 

このところ、

このようなこころの在り方の話を
私の意識は本当に好きなのだな。。。
と、思いながら、そういう話題に遭遇する
場合が本当に多いです。

 

そう、コロナウィルスにより地球規模の出来事を境に

 

人の在り方

こころの在り方

魂の在り方

 

ということに、フォーカスする
その在り方が大前提。。。という世界へ
突入しましたよね。

 

もちろん

ひとりひとりの在り方は
いつも成長過程の中にありますので

 

ひとりひとりが違っていてよいですし
ひとりひとりが違っていて当たり前なのです。

 

しかしながら

 

その基本的、ベースとなるものは

<清らかであること>

 

という立ち位置にいらっしゃることは

とても大切な在り方だと

感じるに至りました。

 

じゃあ、どういう立ち位置が

<清らかであること>

だと、言えるのか?

と、申しますと言語化が難しいのですが、

<清らかであること>を大切にしているのか?

と、いう立ち位置なんだと、私は感じます。

 

その<かみひとえ>の差が

これからの時代に、大切なものを紡げるのか?

そうでないことに繋がるのか?

 

 

だと、感じた次第です。

 

 

あなたはどのようにお感じになられたでしょうか?

 

 

いりくらじゅりあでした。

 

—————————————–

香川県の自宅サロン「じゅりあの談話室」

ZOOMセッションなら世界中からOK

メニュ―はこちらから

お客様のお声はこちらから

プロフィールはこちらから

アクセスはこちらから

ご予約・お申込み・お問い合わせは

こちらをクリック

 

☆いりくらじゅりあのメールマガジン↓

地に足つけたスピリチュアルの購読申し込みはこちら

 

▶ 公式ホームページ

関連記事

  1. 苦手なものに向き合う

  2. 1年間ありがとうございました。

  3. 幸せの足音

  4. 自分を知ってこころと魂を癒そう

  5. 提供する側と提供される側のどちらも経験を重ねる

  6. 主人の病気

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2022.09.12

    10/22(土)朝食会@東京品川

  2. 2022.09.03

    9月27日(火曜日)内藤晴輔オンライン茶話会

  3. 2022.08.22

    成功者は決断が速い

  4. 2022.07.27

    想いを吐き出す

  5. 2022.07.15

    幸せの足音