主人の病気

主人が病気になった時のことです。

とある大きなストレスが襲い掛かり
主人の肺がザックリと割けてしまったことがありました。

その時、私はハッキリと知りました。

ストレスは体と直結している。

大きなストレスは病気を引き起こしてしまう。

それはそうでしょう。。。

病気とは気が病むことです。

ストレスは気を病む直接原因ですから。。。

さて、話を戻しますが

朝、定刻になっても2階の寝室から降りてこなかった主人を
起こしに行くために2階に上がった私は
呼吸困難になって苦しんでいる主人を発見しました。

その様子に「まずい!!」と感じて急いで下に降りて
直ぐに救急車を呼びました。

そして、入院する為の道具を一応揃えました。

サイレンの音がして、我が家の前に到着すると
ご近所のみなさんが心配そうに出てこられました。

「どしたん?」と、心配そうに駆け寄ってこられて
「うん、ありがとう。肺が調子悪いねん。」という私を見て
「大丈夫やから、ついて行ってあげてや。」と

応援してくれました。あの皆様のお顔を救急車の後部から
窓越しに眺めた時、ご近所の皆様の気持ちが
私の中にざざざぁぁぁ~と入ってきました。

「心配せんでええよ。」

「留守はちゃんと守っているで。」

「じいちゃんのこと。。。落ち着かせるから。」

「姉さんには連絡しておくしな。」

「なんにも心配せんでええ。大丈夫やで。」

ご近所の皆さんの気持ちが私を応援してくれました。
ほんとうにほんとうにありがたいことでした。

救急隊員さんは主人の指に装置を付け
口には酸素吸入をさせてくれて
こうおっしゃいました。

「酸素濃度が低いですね。上がりません。

おそらく、酸素が漏れているはずです。」

このまま急いで搬送します。

受け入れ病院には既に連絡してありました。

何故なら、主人は3日前にその病院から退院したばかりだったからです。

つづく…。

夫婦関係コンサルティングはじめました

どうしたら、人と円滑な関係を築いてゆけるのか?

幸せな夫婦生活を送れるのか?

そのことをみなさんに知って頂きたいです。

そして世界中のご夫婦が共にお幸せでこころを通わせれる幸せを
味わって頂きたいのです。

それが。。。

私の望みです。

仕事としてカウンセリングやコンサルティングを
させて頂きます。

このことに関しましては
ずっとずっとスピリチュアルという方面で
積み重ねてきた学びと実践があります。

また一方でビジネスという分野を学びました。

このスピリチュアルとビジネスという一見すると
両極に見えることを通して学んだことを活かして
お話をさせて頂いております。

どのような方に受けて頂きたいのか?

☆ご夫婦の関係性を改善したい方

☆潜在意識の書き換えをしたい方

☆より良く生きていきたいと願う方

☆悩みを自ら解決して力強く生きていきたい方

などなど。。。

お申込みはフェイスブックページよりメッセージをお送りくださいませ。

Juria Irikuraフェイスブックページはこちら

☆ 今日もブログを最後までごらんくださり

ほんとうにありがとうございます。

明日も素敵な1日でありますように。。。。

じゅりあでした。

関連記事

  1. スカイプコンサル体験ご感想

  2. 幸せの足音

  3. 提供する側と提供される側のどちらも経験を重ねる

  4. 苦手なものに向き合う

  5. これからの生き方を考える

  6. 1年間ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2022.09.12

    10/22(土)朝食会@東京品川

  2. 2022.09.03

    9月27日(火曜日)内藤晴輔オンライン茶話会

  3. 2022.08.22

    成功者は決断が速い

  4. 2022.07.27

    想いを吐き出す

  5. 2022.07.15

    幸せの足音