インターネット上の書き込みについて

本日も御覧くださり
ありがとうございます。

インターネットが誕生し
恩恵と共に、弊害も共にあります。

SNSの使い方も
その使い手が未熟であると
凶器にもなる可能性があります。

先日、お若い女性レスラーの方が
自らの命を絶たれました。

ご本人様が、その選択をされた本当の真相は、
そのご本人様にしかわからないものです。

<SNSで攻撃されていた>
と、報道されているのを見たのは、
わたくしとて、ネット上での報道で、です。

 

ですから、真相は闇の中です。

 

 

現代は、情報の上での戦争が行われています。

顔が見えないだけに、
匿名であるがゆえに、

それゆえに

人の本性というものが
あらわれやすくなるかもしれません。

パソコンやスマートフォンに向かって
文字を書き込んでいる時に

人は、その先に、生身の人間が存在し、
生身の人間が、その投稿を見ていることを
忘れがちになります。

生きている人間には、
感情があるのですよね。

そのことを、パソコンに向かって文字を
打つ時には、忘れてしまうのです。

 

そして、自らが抱いている感情の渦が
増幅してしまうことにも気が付けません。

人に向かって、自らの感情の渦を
ぶつけるとしましょう。

そうすると、相手は、必ず反応するのです。
反応は、身体に出たり、感情を揺さぶり
怒りを覚えたり、悲しみに苦悶したりします。

一方で、喜びに繋がる結果もあるかもしれません。

目の前で、顔がゆがみ、泣き出したり、
怒りに顔が真っ赤になったり、
わなわなと、身体が震えたり
パニックになって失神することだってあるでしょう。

ですが、パソコンやスマートフォンに書き込む時、
書かれた相手の反応は即座には見えなくて
感じられなくて。。。

その時点で、人と人とのコミュニケーションの
循環が滞ってしまいます。

だからこそ、気を付けなければならないのです。

<何を書くのか?>

が、問われるのです。

 

インターネットは素晴らしい恩恵をもたらしてくれました。
と、同時に闇を簡単に生みだしてしまう可能性さえもあります。

 

自ら命を絶ってしまわれた女性が
その命を懸けてまで、この世に顕されたものは

 

私たちの<目醒め>を呼び覚ますことなのでしょう。

 

 

言葉をどのように使うのか?
怒りを覚えた時
他人の言動に違和感を覚えた時

 

どのように自らと付き合うのか?
どのように違和感を見つめるのか?

 

腹がたったら
その腹が立った相手に向かって
暴言を書き綴るのがまっとうであるのか?

 

 

 

 

覚えた違和感や怒りは自らの感情であって
そこに好い悪いはないのです。

その自らが抱いた感情を相手にぶつける前に
人が人としてやる行動のひとつは

・深呼吸をする
・その感情を見つめる

そんな感情を持っている私を

<受け入れ、認め、許し、肯定し、愛する>

のです。

決して、相手にぶつけるようなことを
するのでは、ないのです。

自分自身がそんな自分を抱きしめる。

もしも、自分ひとりで出来ない時は、
専門家の力を借りるのがおススメなのです。

新型コロナウィルスは、
人の感情を崩壊させることに結果的になっています。

その際に、気を付けなければならないのは、
人を惑わすことを意図した情報を流す人が一定数
まだ、この地球上では存在している現実です。

その人たちは、情報に様々なエネルギーを
乗せて発信します。

そこを見極めるのには、
やはり、自らを整えること、
自らのこころや精神をととのえ鎮めること。

そして、一歩引いて
自分を客観視することです。

 

深呼吸をしてみてください。

そして、今、現実に、
食べるものがあり、水があり、家があり、
寝るところがある。。。

<有る>ことに意識をフォーカスして
自然に触れる機会を少しでも作ってください。

一番手短なのは、空を見上げることです。
もう少しだけ広げるなら、散歩に出ることです。

自粛解除がされて
ほっとしている時に
今までのお疲れがどっと表に出てくる

そんなこともあるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

身体のおつかれだけでなく

こころのおつかれ

魂のおつかれ

 

そんなおつかれを
労わってあげてくださいね。

 

いりくらじゅりあでした。

—————————————–

香川県の自宅サロン「じゅりあの談話室」

ZOOMセッションなら世界中からOK

メニュ―はこちらから

お客様のお声はこちらから

プロフィールはこちらから

アクセスはこちらから

ご予約・お申込み・お問い合わせは

こちらをクリック

 

☆いりくらじゅりあのメールマガジン↓

地に足つけたスピリチュアルの購読申し込みはこちら

 

▶ 公式ホームページ

関連記事

  1. 病気による気づき

  2. コミュニケーションの重要性

  3. 自分を生きる為にあなたに出来ること

  4. 思い出を脱ぎ捨てる

  5. 必要なことを必要な時に

  6. 経験していること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2021.07.23

    ご無沙汰しております

  2. 2021.06.20

    世界の憂さを祓う

  3. 2021.06.19

    ビジネスの後一歩を踏み出したい時に

  4. 2021.04.23

    自分を生きる為にあなたに出来ること

  5. 2021.04.15

    コミュニケーションの重要性