スリランカに行く前と、行った後と。

本日も御覧くださり

まことにありがとうございす。

 

昨日、ふと、思い出していました。

 

スリランカに行く前と、後の驚くべき違いを。

 

人間ってのど元過ぎれば、すっかりと

忘れる生き物ですよね。

 

私が長らく苦しんできた心理的な苦しみ。

 

その過去の状況をふと思い出したのです。

 

もう、こころは苦しくはナラナイのですが、

思考が過去の状況を捕まえて、

冷静にそこを眺めると。。。

 

<そりゃあ、しんどかったでしょうね。>

 

と、自分で自分に言い聞かせていました。

 

 

スリランカでとても素敵なセラピストさんに

出逢えました。日本人の方です。

 

年齢は私と同じ世代の方で女性です。

 

アーユルヴェーダーの日本人専用施設で

お仕事をされていらした方で

 

一対一のトリートメントを受けていた際に

ゆっくりとお話しする機会を得ました。

 

いつもは、セラピストが2名で私の身体を

トリートメントしてくださるのですが、

 

その時はおひとりだけでした。

 

その方は、その翌日だったかしら?

日本に一時帰国されるとのことで

 

本当に天の采配ともいえるタイミングでした。

 

 

私の心理的なストレスになっている心配ごとは、

息子のことでした。

 

詳しい記事は過去に綴っておりますので

ご興味のある方はご一読くださいませ。

https://ameblo.jp/chanchan369/entry-12494730985.html

 

 

そのスリランカでの出来事を受けて、

私は似たようなトリートメントは何かないのかな?

 

と、思っていたんですが、

それがヒプノセラピーだったのですね。

 

私がヒプノセラピーを学ぶきっかけは

スリランカでの出来事があったからでした。

 

 

スリランカで何がおきたのか?

 

端的に申しますと、

私の心理的ストレスの原因が明かされて

そこには、罪悪感があって、

その罪悪感が溶けて流れたということでした。

 

私の場合は、そのほんの数分のことが

瞼を閉じてなくても、映像で脳裏に流れました。

 

そう、映画を見ているようでした。

 

側にいたセラピストさんの脳裏にも

同じ映像が流れていました。

 

私はホオポノポノの祈りを捧げました。

 

すると、私の持っていた罪悪感が

綺麗に流れました。

 

 

そこには、小学校2年生の時の担任の先生が

おられました。私はその担任の先生に向かって

あやまっていました。

 

担任の先生は、ニッコリ笑って

「もういいよ。」とおっしゃって、

くるりときびすを返して、ずんずんと、歩いていかれました。

 

一度も振り返ることなく、ずんずんとトンネルの向こうにある

光のほうへ向かって歩いていかれました。

 

私が小学校2年生の時に抱いた罪悪感が

ずっと私を苦しめてきました。

 

本当に、どこへ行っても埒が明かずに、

随分悩みました。

 

 

ですから、スリランカへ行ったことは、

この件を解決する為のものだったと感じています。

 

 

もう解決した後は、

それまでがどんなに苦しかったのか?

思い出すことはありませんが、

 

昨夜、<スリランカ>という文字を目にして

うつらうつらした眠りに落ちる前に

過去の苦しかった自分を、

もうひとりの自分が眺めていました。

 

そして、今朝、そのことを

ブログにしたためるようにと

感じました。

 

 

どなかたのお役に立てるかもしれませんね。

 

過去記事のリンクを貼っておきます。

よろしければ少しお時間をおとりくださいませ。

https://ameblo.jp/chanchan369/entry-12494730985.html

 

———————————-

 

4月の営業カレンダーはこちらから

 

香川県の自宅サロン「じゅりあの談話室」

ZOOMセッションなら世界中からOK

メニュ―はこちらから

お客様のお声はこちらから

プロフィールはこちらから

アクセスはこちらから

ご予約・お申込み・お問い合わせは

こちらをクリック

 

☆いりくらじゅりあのメールマガジン↓

地に足つけたスピリチュアルの購読申し込みはこちら

 

▶ 公式ホームページ

関連記事

  1. クリアリングの重要性

  2. 催眠療法とエドガーケイシー

  3. 自分を知ってこころと魂を癒そう

  4. 胎児期の重要性について

  5. ヒプノセラピーの可能性

  6. 悲嘆療法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 2021.10.23

    お出かけ  楽しみましょう

  2. 2021.10.19

    気晴らしも楽しみましょう その2

  3. 2021.10.16

    気晴らしも楽しみましょう

  4. 2021.10.14

    あなたはあなたのままでいい

  5. 2021.10.12

    被虐者の配偶者選びの傾向